muuchansan’s blog

美しい日本を取り戻す 明察功過 随神の道 日本の子供達に日本の素晴らしさを伝えます。

御師

皆様、御師(おんし)と言うのをご存知でしょうか。
御師の仕事は人々の祈りや願いを伊勢神宮の神様に届けることでした。

また、外宮の神職として別宮高宮(多賀宮)の物忌職を勤めました。

その御師の館が現代まで続いてそのまま残っているところがあります。

御師丸岡宗太夫と言って慶長年間(約400年前)に伊勢山田下中之郷烏帽子世古に移住して明治4年(1872年)に御師制度が廃止されるまで町年寄として自治都市山田の行政の一端を担っていました。

今の丸岡正之さんで18代続いているそうです。(因みに僕が習っている書道の師匠の長年のお友達です)

御師神職であるので御神楽をセッティングしたり、宿の手配、神宮の案内や娯楽まで仕切っていました。

今で言う所の旅行代理店の仕事もしており、江戸時代のお伊勢参りのブームを支えていました。

現在は住んでいませんが、丸岡さんが子供の頃は住んで生活をしておられたそうです。

では、御師(おんし)と言う職業について紹介します。


御師は「御祈祷(いのり)師」あるいは「御師匠」に由来すると言われ、他の有力社寺に置かれたものを「オシ」と呼ぶのに対し、伊勢では「オンシ」と呼ぶのが通例である。ま御師が「大夫」を称するのは、御師となる神職の多くが権禰宜であり、権禰宜になると五位の位=大夫を授かったことに由来する。仕事は現在で言う神宮への旅行業者であり、全国の檀家を廻ってお札や伊勢暦などを配って参宮の勧誘をしたり、神宮を訪れる伊勢講の人々の宿泊や案内の世話をした ということです。

次は貴重な丸岡さんのお話です。
伊勢での御師の職業はお伊勢参りの観光案内から始まり、旅行代理店(ツーリスト)、旅館、料理店、銀行(両替商)、流通(飛脚)、お神楽、御札の発行など様々な事をしていました。

御師のお陰で、伊勢が門前町として発展したともいわれています。

 旅行客は3泊4日の行程できます。15~17名の団体で一回の費用が大体当時のお金で60両ぐらい掛かったそうです。伊勢に来るまでの旅費は別です。
まず、船で来られる場合が多く小俣の宮川辺りで出迎え、(伊勢市内に宮川という以級河川が流れています。)陸路で来るより、船で来た方が便利だったのです。

神宮はもちろん、朝熊、磯部まで観光するそうです。
料理のお品書きが残っており、豪勢な料理が沢山出たみたいです。
お神楽をたてるのは裕福な人々でこれは別途また料金がいるそうです。

その後のお楽しみもあり、『聖もあれば俗もある』という事で、古市という歓楽街があり飲み屋もあれば、風俗のお店もあり、たいそう賑わったそうです。流石に今は風俗のお店は残っていませんが、料理旅館として今も営業されている『麻吉』という店があります。

こういう所は今も昔も変わりませんねぇ~ そりゃあ 楽しいでしょうねぇ~ 江戸時代にお伊勢参りブームが起こったのも頷けます。


それぞれの御師のお家では、顧客名簿が残っていて、丸岡家では7,000人のお客様がいたそうです。その台帳は今も残っているそうです。主に関西(神戸、大阪)長野(伊那谷地方)方面に顧客を持っていたそうです。

丸岡家のお家は150年前に建てられたそうで、門と長屋が一緒になってる門長屋という建築様式は珍しいそうです。

f:id:muuchansan:20180922000511j:plain

その後、明治4年に新政府によって御師制度が廃止されました。廃止の理由の建前は神宮を商売に使っていけないと言う事でした。
いきなり廃止が決定されたので、御師の家は急速に没落していき、だから現在まで残っている家が少ないのはこのことによるみたいです。
丸岡家も例外ではなくいきなり失業したので、その後様々な職業をなさったそうです。自転車屋、お医者など当時の看板が残っていました。

f:id:muuchansan:20180922001246j:plain



「このお家を管理維持していくには費用も掛かるし大変だから市に文化財として保護してもらったら」という意見に対して、丸岡さんはこう仰っていました。
文化財保護に指定されると、勝手に改築とか補強とかできなくなるし、まあ、いろいろ面倒な事がふえるんや~ 私が生きている間は守っていこうと思いますが、次の世代まで守っていけとは言えませんわ! イザとなったら取り壊して更地したらそれでええことですやん」とさばさばとお答えになりました。


丸岡さんは非常に物腰がやわらかく感じの良い方です。

でも、僕はこういうお家がなくなるのは、もったいない気がしていて何とか後世に残していけないものかと思っております。

f:id:muuchansan:20180922001355j:plain

f:id:muuchansan:20180922001537j:plain

f:id:muuchansan:20180922001917j:plain

f:id:muuchansan:20180922001944j:plain

f:id:muuchansan:20180922002018j:plain

f:id:muuchansan:20180922002036j:plain

貴重な襖絵や掛け軸も沢山残っています。

伊勢に来られましたら、お立ち寄りください。

三重県まちかど博物館/まちかど博物館詳細/旧御師丸岡宗大夫邸

 

お読みくださり、ありがとうございます。よろしかったら、ポチっと広告クリックお願いします。

 

神宮の博物館

お伊勢さんの見どころのご紹介です。

あまり知られていませんが、神宮の博物館があって、徴古館、農業館、美術館が一か所に集まってあり、東京で言うと上野公園みたいなイメージです。

 

徴古館は神宮にまつわる神官の装束や神宝、装飾品等々が展示されています。

これら、副葬品もご遷宮の時に新たに作り変えらます。

超絶技巧を次世代に引き継ぐためです。

農業館は自給自足の伝統を守る神饌や豊かな伊勢志摩の農林水産の資料を展示されています。

 

美術館は言うまでもなく内外の超一流芸術家の作品が展示されています。絵画、陶芸、金工、書、染織、篆刻、彫塑などなど…楽しませてくれます。

 

徴古館の正面の入り口風景です。

museum.isejingu.or.jp

 

来勢された時は、外宮内宮ご参拝の後、是非神宮の博物館もお立ち寄りください。

神宮の事、皇室との関係、古事記に出て来る神様の事、遷宮の事など理解が深まると思います。

 よかったら、ポチっと下記広告をクリックしてね。

学問のすすめ

福澤諭吉の大ベストセラーのタイトルが 学問ノススメ であります。

有名な言葉『天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らずと言えり』がありますが、庶民にも平易な文章で分かりやすく説かれていて明治初頭340万部も売れたそうです。

 

では、諭吉の目指した学問とはどんなものだったのでしょうか?

「専ら勤しむべきは人間普通日用に近き実学なり」と諭吉は記し、具体的には読み書き算盤、簿記、地理・歴史、物理、経済学などを挙げています。つまり日常生活や商売を営む上で必要な知識の修得と、日本と世界の状況や、自然の道理を正しく把握することを勧めたものでした。 諭吉がなぜそれらを勧めるかといえば、「情報を正しく取捨選択する能力を一人ひとりが身につける」ことが目的でした。人々が自分で考え、自分の判断で行動すること、つまり近代国家の国民に求められる「一身独立」により「一国独立」が成り、それは学問の有無にかかっている、というのが本書の主題なのです。

福澤諭吉の思想~一身独立して一国独立す | WEB歴史街道

より引用

僕の好きな言葉に『一身独立して一國独立す』

自立していない人間は他人から侮なれ軽んじられます。それは、国家のレベルでも同じで國民が政府に甘えたり、卑屈になったり、依存心が強ければ諸外国から舐められてしまい真の独立国家となることは出来ないのであります。

 また、情報を取捨選択能力というのは今でいえば、情報リテラシーのことを言っているのです。

 

ウシハク統治(権力者と権威者が同じ人)では、民を無知、文盲しておいた方が支配しやすいのです。

 

でも、日本は天皇陛下を国家最高権威いただく、シラス統治なのです。

天皇陛下が民を大御宝としているため、権力者は國民を天皇陛下からの預かり者として政治権力を振るうのです。だから、國民の生命、財産を守れなかったら権力者は責任を取り、切腹していたのです。権力と責任は一体なのです。

 

だから、自分で考え、判断し、行動する為に学問があり、教育が必要なのであります。

生きるための知恵を身につける事が個人にとっても国家としても大事なのです。

何事があっても揺らぐことのない芯を自分の中に持つことなのです。

 

 ポチっと広告クリックお願い致します。

 

 

 

 

 

第四回齋藤先生の日本が好きなる!歴史授業講座in名古屋 レポート

14日のひふみ農園見学を済ませた後、赤城山麓を後にして一路、新幹線で名古屋へ。

連休で込んでいたのか座席予約できず、名古屋まで立って行きました。

15日 13:00~17:00 カネジュービル5階

テーマは、現代史の戦争です。

前回までの振り返り。自己肯定感を子供達に教えることにより、愛国心が生まれます。

 

 ちゃんと、学習指導要領にも書かれていますが、歴史教育の目標は『我が國の歴史や伝統を大切にし、國を愛する心情(愛国心、國民としての自覚)を育てるようにする』書かれています。が、日教組教師の教える授業がはたしてこの目標を達成する授業になっているのでしょうか?はなはだ疑問です。

歴史はわが事であり、アイデンティティーを身につける事であり、それが自己肯定感を養う事になるのであります。自己肯定感を身につけた子供たちは、ちょっとした事ではへこたれないし、切れないし、我慢強く、やり抜き、継続する力がつくのです。

 これが、現状です。

仰る通りです。

その後、韓国併合と朝鮮近代化のお話になります。

そして、支那事変のお話へ。答えはc。

アメリカ政府や日本政府の中枢にもソ連コミンテルンのスパイが横行していた。

恐ろしい企みです。

これ大事です。日本は侵略戦争はしていないのです。

感動の言葉です。涙ぐんでしまう言葉です。

目的は達成されました。

エピソードの一つとして取り上げて授業します。気骨ある日本の軍人さんの話です。

その他、東条英機、松岡洋介、犬塚惟重海軍大佐、沖縄県知事島田叡が登場しました。

大命題です。戦争は外交交渉の最終手段なのです。だから、敗戦国は國体が解体されるのです。

戦争にもルールはあるのです。でも、大東亜戦争支那事変などのアメリカ、Chinaはルール違反を日本に仕掛けてきました。裁かれる国々は連合国なのです。

南京大虐殺の嘘、通州事件の鬼畜の行い、戦争の悲惨な事実を改めて聞いて胸が痛くなりました。

 

その後、GHQによる日本占領統治は7年も続き、総力戦で日本解体プログラムが次々と実行されていきました。

 

 東京裁判の模擬裁判を生徒たちに弁護側と検察側に分かれて意見を言い合います。

その後、サンフランシスコ講和条約GHQの占領統治は終わり、日本は独立しましたが

現状果たして本当の独立國と日本は言えるのでしょうか?確かに経済はV字回復し、世界一のお金持ちです。でも、この20数年間デフレ経済でGDPが成長していない國は世界中で日本だけなのです。まだ、日本はアメリカの属国なのです。

最終章です。子供達にこれからは『自分の番』が来るという話をします。

世界中国々の中で反日で騒いでいるのは特亜三か国だけです。

こんなにも沢山の國が親日国なのです。

 

この問題が今の日本の問題を端的に表しています。齋藤先生の授業を受けた生徒はちゃんと答えが分かっていると思います。

名古屋で四回の授業で最後になりました。先生お疲れ様でした。

大拍手喝采で授業は終わりました。👏

 

下記広告クリック、よろしくお願い致します。

 

ひふみ農園見学&唾液検査体験会

イシキカイカクの企画で、群馬県赤城山麓にあるひふみ農園見学とORPの唾液検査を体験してきました。

神谷さん、スタッフと参加者合わせて29名、東京新丸ビルからマイクロバスを借りて一路赤城山へ。

景色がビルの山々から自然の木々に移り変わるを見ながら、三時間くらいでひふみ農園に到着。

f:id:muuchansan:20180915091438j:image

ひふみ農園の横堀社長のお出迎え、ご挨拶の後、野菜を作っている畑を案内していただきました。

ひふみ農園では、無肥料、無農薬で完全自然農法です。

f:id:muuchansan:20180915092055j:image
f:id:muuchansan:20180915092105j:image


f:id:muuchansan:20180915092102j:image
f:id:muuchansan:20180915092058j:image

横堀社長は、世界で初めて無農薬・無施肥のリンゴの栽培に成功した日本の農家の木村秋則さんに感動して自分もやってみたいと始められたそうです。

最初は全然上手くいかず、苦労の連続でしたが、πウォーターに出会えて土を還元することが出来、無肥料、無農薬で野菜を作る事が出来る様になったとの事。

基本はSO-1と魚粉、バイオアースを畑に散布、耕すだけです。プロでなくても誰でも出来るやり方を開発されました。

商品の詳細な説明は下記にURLを貼っておきますので参考にして下さい。

http://piesystem.net/index.html

https://piesystem.shop-pro.jp/

因みに虫は葱類は、好みでないらしく虫が付かないそうです。また、苺は60回も薬を散布するので食べない方がいいみたい。薬を撒いた後の農家の人は身体が怠くなって食欲が落ちるそうです。

 

横堀社長は、明るくて、元気いっぱいです。

 

見学の後、農園で採れた胡瓜、人参、レタスを切っただけのものと蒸したジャガイモを試食致しました。

どれも甘くて、シャキシャキ、ホクホクで野菜が本来持つ美味しさでした。当に歓喜です。

 

試食の前に、ORPの唾液検査をしました。

唾液により、身体が酸化しているか、還元しているかが数値でわかるのです。

f:id:muuchansan:20180915112229j:image

➕200mv以上だと癌細胞に侵されている状態なのだそうです。

ORPの大友社長のお話。身につける下着、服もナイロン系のものは、擦れて静電気が溜まるので身体が酸化します。

また、現代人は電磁波に囲まれており、これも身体を酸化させます。鉄塔の近く、電子レンジ、スマホ等使い過ぎるのは良くないです。

これは僕の実感ですが、電子レンジで温めるなんか美味しくなくて、直ぐ冷めてしまいます。

だから、面倒でも僕は、温める時は、蒸して食べます。

https://www.orp-corporation.com/

 

今回の体験を通して、衣食住は本当に大切で良かれと思っておこなっていた事が、洗脳されていて逆に身体に悪影響を及ぼしていたのです。

せめて江戸時代の日常生活に戻らないといけないと感じました。π総研の昆野さんが仰っていましたが、πウォーターは当に江戸時代の水なのだそうです。

 

皆様も、今一度素直になって自分の日常生活を見直してはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

第二回倭塾関西報告

昨日、倭塾関西が開催されました。

実況中継風に書かせていただきました。お楽しみください。

日時:9月9日 14:00~16:00

場所:吹田市千里山コミュニティセンター

テーマ:イザナギイザナミと古代の朝鮮半島事情

 

開始直前の模様です。

神谷さんの挨拶から始まりました。

愈々始まりです。

時事の話題から、最近のブログで投稿した二宮尊徳のお話。歩きながらの読書は現代の歩きスマホにあたるので、今では座っている尊徳の銅像があるそうです。

篤志家である二宮尊徳の言葉の中で推譲(すいじょう)の説明があり、お金を貯めこむばかりでは経済は回っていきません。使わないと駄目なのです。一部の人が豊かになるのではなくて、大御宝皆が豊かにならないと個人の豊かさもないのです。

それが、我が國が目指してきた道なのです。経済は当に経世済民なのです。

直近の災害のお話。颱風、地震。日本列島は連日の災害にあっています。

災害特に地震なんて完全な予報はまだ確立されていなくて、日本全国どこでも地震は起きるのです。

大阪、東京を例に挙げて、水害の模様を説明しています。ちょっと昔は土方、人夫の余剰人がいたからこそ、復旧が早かったのです。彼らは宵越しの金は持たない粋な人達なので、飯場が出来るとその周辺に飲み屋街ができ、風俗のお店が立ち並びそこで働く女の人達が衣服や装飾品を買いと言う風に街が戻ってきていました。

今では、公平さを保つためと言い競争入札で談合は悪だという事で、建設関係の会社は余剰人を抱える余裕がなくなったため復旧が速度が遅いです。

また、災害復旧為に働いている自衛隊員の活躍を報道しないマスメディアは問題です。

今のマスメディア銭形平次に出て来る八五郎と一緒で、『たいへんだ たいへんだ』と騒ぐだけで自分では何にもしなくて、お笑いとグルメに明け暮れています。今のテレビ番組と同じです。

 

愈々、本日のテーマに入ります。伊邪那岐伊邪那美命の天のぬぼこをコオロコオロと掻きまわしその滴がしたたり落ちて、地球が出来たというお話です。

アイデンティティー(自分とは何者か)の基礎に当たるものが日本人であるなら神語り(かむかたり)であり、古事記日本書紀に書かれていることなのです。

神話を学校教育で教えない、失った國は100年以内に滅ぶと言われています。(アーノルド・トインビー博士の言葉)我が國残された時間があと30年を切りました。

責任と権力は一体です。外国の支配者は無責任権力者なので、好き勝手放題しますが、我が國の統治は、政治権力の上に天皇と言う国家最高の権威を置いているため、ウシハクの上位のシラス統治がなされておるから國民が奴隷にならなくて済んでおります。

究極の民主主義あると思っております。

それで、話を戻して伊邪那岐伊邪那美命が國生みをした目的は何かと言うと、日本書紀に明確に書かれていて、それが『豈國無歟(あにくになけむや)』なのです。

 

話は進みます。火の神と伊邪那美命の死です。火之迦具土神の意味するところは、生きたまま、肉体を焼かれるのだから苦しいことこの上ありません。このとき、多具理から生まれたのが金山毘古神金山毘売神なのです。金物の加工には火が必要なのです。

このことは、何を意味するのか言うと伊邪那美命が死の苦しみの中から生んだ子は、大小さまざまな土器であり、それはいずれも火を使って加工されるもので、人はその加工された金物や土器を用いることによって豊かさを授かることが出来るのです。

 

さて、時間が無くなってきたので、スピードアップです。伊邪那岐命は妻を愛するがゆえに まだお前と國生みは終わっていない。だから一緒に帰ってきておくれと話しかけるのだけれど、妻の伊邪那美命は『黄泉戸喫(よもつへぐい)』と言って死者の國の食べ物を食べたから、黄泉神と相談しなければいけない。その間決して自分の姿を見てはなりません。と言って奥へ引っ込みますが、「見るな」と言われると見たくなるのが男の性(さが)です。

八つの雷神…雷はいかずちと読みます。いかずちは「厳つ霊」で魔物の事です。

 

伊邪那岐命がかがり戸を開けて、内側に入るとそこには千五百人の軍団が控えていました。これは、伊邪那美命が腐乱死体状態であって蛆が沢山湧いていた様子を著したものとねず式解釈です。

1500人はどの位の規模かと言うと、下記写真ぐらい。

すこし、補足説明します。

伊邪那岐伊邪那美はおのころ島に降り立つ前は天の川に立つくらいの大きさも形もない神様です。ところが、成り成りて の時は、はっきりと肉体を持っています。

そして、國生みは、子孫が増えて各地に散らばっていった様子をあらわしたものです。

神生みはその子孫たちの繁栄の様子を表し、何百年、何千年という歳月を要しているのです。ここでお亡くなりになった伊邪那美は初代伊邪那美神から数えて何十代、何百代の伊邪那美であった可能性が高いとみるべきだとねず先生は仰っています。

時間的流れはこういう事です。

 

 

 伊邪那岐が戸の内側を見た時、辱めを受けたと伊邪那美は言っています。

これはどういうことかと言いますと、伊邪那岐が見たものが戦支度の軍団であったとするなら伊邪那岐は他国の者ゆえスパイに来たと思われます。もう伊邪那美は黄泉戸喫して、黄泉の國の人になっているとするならば、伊邪那美にとっては黄泉の国における名誉が傷つけらたことであって、まさに辱めを受けたことになるのです。

怒った伊邪那美は予母都志許女を遣わして伊邪那岐を追は̪令めき とあります。

予母都志許女を黄泉の國の醜女と訳されることが多いですが、注釈に此六字以音とあることから、漢字自体に意味はなくて別な何かを伝えたかったと解釈すべきで、伊邪那岐が食べ物を投げると、この女性たちは食べ物に飛びついたと描かれています。

武装した集団が村の食べ物を奪い、働き手の男性を強制徴用すれば、村に残された子女は飢えてガリガリ痩せ細り、まるで餓鬼が幽鬼のようになります。(それが、下の写真)

 

今度は必死に逃げる伊邪那岐を黄泉軍が追いかけてきます。

黄泉比良坂の坂の本までたどり着いた時、桃の子を三個とって黄泉軍を待って撃つと黄泉軍はことごとく逃げって行ったとあります。

これは、桃の木がある村に逃げ込み、その村人たちの協力を得て軍勢を迎え撃ったという事ではないでしょうか。

だから、桃子たちに意富加牟豆美命(おほかむつみのみこと)という名を与えています。意富加牟豆美命という勇気を讃える名を挙げているのです。おほし という意味は神谷さんみたいな人を指しているのかもしれません。

さて、愈々大詰めです。黄泉の國からお帰りなった伊邪那岐は、その穢れを払うために筑紫の日向の橘小門の阿波岐原で祓い、禊を行いました。

ここで、伊邪那岐の大神は「私はものすごく醜くて醜い穢國に在った」と述べています。原文では「伊那志許米志許米岐」と書かれており、醜、醜き と二度繰り返し強調しています。

穢の字の説明、さんずいまでつけて濊という字をあてて朝鮮半島を濊國と古代Chinaは蔑んで呼んでいました。如何に汚い國であったが分かるものです。

古事記が書かれたのが今から1300年前のこと、やっていることは今も変わらないです。

古事記を読んでいれば、拉致被害者も出さずに済んでいたかもしれません。

(これは僕の感想です。)

今もこれからも日本の国是として伝えていかなければいけない事です。

おしまい!

長文読んで頂きありがとうございます。

面白いと思った方は、広告をクリックしてね。僕の活動資金なります。

よろしくお願いいたします。

 

 

修身教育って何?

修身教育って何?と問われた時、どう答えれば良いのでしょう。

僕らの学校時代だと『道徳』と呼ばれれていたカリキュラムに相当するみたいですが、

全然違うみたいです。

今日のねずブロからの引用です。

nezu621.blog7.fc2.com

 修身教育というのは、特定の価値観を子供たちに植え付けるものではなくて、子供たちが自己の価値観を確立するための「価値観の元(もと)」になるものを育むものです。

 価値観の押しつけではないのです。

自己の価値観を見つけるための教育なのです。未熟な子供たちは、大人になって社会に出て何になったら、世の為、人の為に働くことが出来るのかが分かりません。

その為に自分の得意とするもの、好きな事を見出すことが修身教育で、それを導くのが教師、両親であろうかと思います。

大東亜戦争前の教育制度は、下図のようになっています。

 

 

尋常小学校時代に、しっかりと自分の価値観を持ち、将来の志を育てのです。

だから、次のステージの選択肢が沢山あったのです。

価値観の押しつけどころか、自由に自分の突き進みたい道、極めてみたい道が選べたのです。

人として生きるための元になるものを教えるのが教育であるから、日本人の民度が高かったのです。

 ねず先生の動画を貼り付けます。

www.youtube.com