muuchansan’s blog

美しい日本を取り戻す 明察功過 随神の道 日本の子供達に日本の素晴らしさを伝えます。

歴史は我が事

藤武夫先生の授業で最初に言われる言葉です。

下記用紙に自分の両親の名前、その上に、おじいちゃんおばあちゃんの名前、更に、祖父母の父母の名前を書いてください と言います。

f:id:muuchansan:20180826010936p:plain

その意図は、下図にあります。

f:id:muuchansan:20180826011449p:plain

自分から数えてご先祖様の人数は、源頼朝の時代まで遡ると1,073,741,824人いることになります。

鎌倉時代にそんなに人口はいません。という事は、これは一体どういうことなのでしょうか?

 

つまり、皆さんのご先祖様はかぶっているという事、日本人の皆さんは皆親戚だという事になります。

頼朝の血が皆さんにも流れていると言う事なのです。

 日本の歴史は、他人事ではなくて、「我が事」なのです。

この意識を持つだけでも、歴史の見方が変わるはずです。

下記のような質問をして、子供達に答えを書かせます。

f:id:muuchansan:20180827132925p:plain

毎回、色々な質問を用意して、子供達に自分を書かせ、発表させるのです。

どんな意見も否定はいけません。正解はないのです。

 

まずは、ここから歴史を学ぶ意義を教えるのです。